フラッシュとレーザーの違い.

ところで、当たり前のように “フラッシュ式” だの “レーザー式” だのと言っていますが、そもそも「フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違いはなんなのか」という事を、脱毛豆知識としてちょっと解説しておこうと思います。

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は何が違う?

簡単に言うと、脱毛サロンのやり方と医療クリニックのやり方 と言う違いです。
・・・ちょっと投げやりな感じですみません。

“脱毛” の原理はどちらも同じです。
「毛の黒い色(メラニン色素)に反応する光を使って、その光の熱エネルギーで毛根を刺激し 発毛を抑制する」 と言うものです。
 この時の光の種類が、フラッシュとレーザーで違ってくるわけです。

“フラッシュ式” 脱毛の場合.

特殊なフィルターを使って、様々な波長を含む通常の光の中から有害な光(紫外線)をカットし、黒い色に反応する光のみを取り出して処理したい部分のムダ毛に照射する と言う方法。

 代表的なものが『IPL(インテルス・パルス・ライト)』と呼ばれ、光エネルギーに “RF(Radio Frequency)” と言う高周波エネルギーをプラスする事で、”産毛” などの比較的メラニン色素が薄くて 通常では反応しづらい毛でも十分に反応する事ができる と言う利点があり、多くの脱毛サロンの脱毛機器・エステサロンの美容機器、そして医療クリニック・家庭用脱毛器 等、あらゆる方面で採用され活躍しています。

“レーザー式” 脱毛の場合.

ある特定の色にのみ反応する(脱毛の場合は黒や茶) 単一の波長の光を使います。
 レーザー光と言うのは、フラッシュ式の光のようにアチラコチラに拡散することはなく、一定の方向に向かって発信すると言う特徴があります。

また、”集光性” に優れている点から、レンズを用いて光を1点に集中できます。そのため、毛の1本1本の毛根奥の毛乳頭までをピンポイントで照射する事が可能で、発毛の根源である “毛母細胞” を破壊する事が出来るのです。
 レーザー脱毛は、医療脱毛では “絶縁針脱毛” に次いで「永久脱毛」と言える脱毛方法です。
 
 
同じ光脱毛でも、フラッシュ式とレーザー式での脱毛処理は、どちらを選ぶかによって その後の毛の生え具合などが大きく変わってきます。