生理中・妊娠中の処理は?

生理中や妊娠中に家庭用脱毛器を使ってもいいのか・・ というのは、意外と悩まれる方は多い問題です。
 脱毛サロンでは、妊娠中はもちろんですが 生理中も施述を断るところは多いです。

妊娠中・生理中は受けられない脱毛サロンの光脱毛.

例えば、妊娠していることに気づかずに光脱毛の施術を受けた としても、胎児に影響が・・ というようなことはありません。母体にも何ら影響があるというような事もありません。ただ、妊娠中は ホルモンバランスが崩れます。”毛の成長” というのは、人間のホルモンバランスに大きく左右されるので、妊娠中に施術をしても脱毛効果が半減 もしくは全く効果がない という場合が多々あるようです。

 そのため 脱毛サロン等では、妊娠中の施術をしないというサロンが多いのです。それと同じ理由で生理中の施述もお断りをしているところもあります。

妊娠中は光脱毛をしても無駄?!ぶっちゃけ話.

妊娠中の施述に関してぶっちゃけた話をすると、
 妊婦さんに対して、そういった臨床実験をアレコレ行ったわけではないため わからない というのが正しく、判断が難しいわけです。そのため、妊娠中にどれが安全で胎児に影響がないか などの詳細なデータが取れていない 現状としては、医師の判断に委ねられている といったところなのです。 

もし脱毛サロンなどでの脱毛を望んでいて、妊娠する予定も考えているのなら、期限が設定されていない脱毛サロンを選んでいくことをオススメします。

生理中は?!ぶっちゃけ話.

生理中も妊娠中と同じで、ホルモンバランスが崩れます。そんな状態の時にいくら光脱毛をしても毛根には作用せず、無駄な施述となってしまう という理由が大きいです。

 生理中の施述拒否の もう一つの理由として、衛生面からの問題があげられます。
生理中の施述は衛生面から考えても あまり衛生的とは言えません。コレは特にデリケートゾーン(vio)に関してですが、他の部位をするにしても、施述中はベッドなどに横たわる姿勢になるため やはり注意も散漫になりガチ。リラックスができていない状態になります。そうなると脱毛効果にも多少関わってくるような気がします。

家庭用脱毛器ではOK?!ぶっちゃけ話.

「脱毛サロンでの施述ができない」ということは、同じ光脱毛であるフラッシュ式家庭用脱毛器の場合も同じですよね。

 ですが、”家庭用脱毛器” という自分だけの、いつでも自由に使うことができるという機械。使おうが使うまいが自由 何ですが、やはり「自己責任」ということになるのではないでしょうか。

ただ生理中はともかく、妊娠中の家庭用脱毛器の使用だけはやめておいた方がいいです。
ケノンの取説でもはっきりと妊娠中の使用を禁止している文言がありますので。