剛毛なんだけど効果ある?

家庭用脱毛器では、むしろ剛毛の方が効果がはっきりとわかります。し、フラッシュ式・レーザー式 どちらでも、剛毛で密集して生えている毛には効き目があります。

 「毛の黒い色(メラニン色素)に反応する光を用いて、その熱エネルギーを利用しメラニン色素の多い毛根を弱らせて毛の発育を妨げる、もしくは発毛自体を抑制する」

と言う、光脱毛の原理を考えればわかると思います。

剛毛な人ほど効果は実感できる!

例えば、剛毛の代表格 “ヒゲ”。
男性のひげは、なかなか家庭用脱毛器での脱毛は効果が出にくい と、よくネットなどで書かれているのを見かけます。ですが、この “ヒゲ” は、メラニン色素もハッキリとした まさに光脱毛のカッコウのターゲットとなる毛なので、フラッシュ式・レーザー式のどちらでも光の効き目はあります。

 ただ、ひげはかなりしつこく、かつ 密集しているため、ちょっとやそっと照射したくらいではなくなりません。ある程度 繰り返し照射することで、徐々になくなっていきます。

剛毛な毛は、根気強く定期的に繰り返すことで効果が!

剛毛な毛は、他の毛に比べるとメラニン色素が多いため、比較的出力が低くても光が反応しやすいと言う特徴があります。なので、最初から強い出力で照射するのは危険です。

 どんな脱毛器を使うにしても必ず設定が低くなっているかを確認してから照射してください。そして難点なのが、剛毛で密集して生えている部分というのは、大体 皮膚が非常にデリケートで薄いため 痛みを感じやすい という事。

特に男性の “ヒゲ” や、女性の “vio” などは、最初のうちは、照射するのが苦痛に感じる場合が多いと思います。
ですが、だんだんと回数を重ねていくに従って、毛(メラニン色素)が減っていくので痛みも薄れていく事でしょう。

剛毛にはレーザー式の『トリア』がオススメ!

「ただし “痛み” を我慢できれば・・」 と付け加えさせていただきますが。

トリアは、家庭用脱毛器でも数少ない “レーザー式”。
 レーザー式の得意とする毛は、剛毛でメラニン色素がムンムンの毛です。フラッシュ式だと「なんか効き目がイマイチ」,「物足りない」と言われる方は、試してみる価値ありです。

今では、市販の麻酔クリームなども売られていますし、脱毛する部分を徹底的に冷やして ある程度 皮膚の感覚を麻痺させて照射すれば、我慢できなくはないと思います。

理想としては、フラッシュ式とレーザー式を毛の質に応じて使い分けるのが、毛にとっても 脱毛器にとっても いいような気がします。