家庭用脱毛器で永久脱毛?

家庭用脱毛器で永久脱毛はできるのか?

「永久脱毛」という言葉をよく耳にします。
今現在、日本国内で “永久脱毛” と言われる脱毛方法は、,医療機関(美容外科クリニックや病院)で行われる『絶縁針脱毛』です。

数は少ないですが、脱毛サロンなどで行われている “ニードル脱毛(電気針脱毛)” と混同されがちですが、微妙に違います。針の種類が違うんです。絶縁針脱毛は、その名の通り、絶縁針=電気を通さない針 を使用します。施術ができるのは、医師 もしくは 針脱毛の資格を持った脱毛師 のみ。

 まあ細かいことは これぐらいにして・・
とにかく、永久脱毛として認定されているのは、その “絶縁針脱毛” のみ、なんですが、米国電気脱毛協会による永久脱毛の定義は、「最終脱毛から1ヶ月後の、毛の再生率が20%以下である脱毛方法」 とされていることから、医療レーザー脱毛もたまに 永久脱毛と謳っているクリニックをちらほら見かけます(よほど自院の施術に自信があるのでしょう)。

医療レーザー脱毛は永久脱毛じゃないの?

端的にいうと「違います」。

「おしい!」と言ったところでしょうか。効果は絶大なんですが・・ 
確実性にかける のではないでしょうか。

毛根に作用して毛を生えなくする という部分では高い脱毛率なんですが、確実性については、個人差があって「絶対に生えない!」とは言えないのが現状です。

脱毛サロンのフラッシュ脱毛は?

医療レーザー脱毛が 永久脱毛 と言えないのですから、それよりも脱毛効果が落ちるフラッシュ脱毛の脱毛サロンでの脱毛は、もちろん永久脱毛とは言えません。

 しかし、こればっかりは本当に個人差があって、脱毛サロンでの施術で「全く生えてこなくなった!」という人もいるんです。やはりフラッシュ脱毛といえど、毛根をある程度刺激するのには違いないので、効果のある人には それほど効果がある ということなのかもしれません。

なので、一概には決定的なことは言えない ということ。

家庭用脱毛器は?

つまり、家庭用脱毛器でも 脱毛サロンと同じフラッシュ式脱毛を採用している機器の場合、永久脱毛とは言えません。が、家庭用脱毛器・・ という自分だけの、いつでもどこでも使うことができ、カートリッジの寿命がきたら追加購入することができ、死ぬまでその本体が壊れない限りズーーーーっと使い続けることができる としたら・・

 それを「永久脱毛」=「永久的に脱毛処理ができる」とは言えないでしょうか。