コストパフォーマンスで考える.

脱毛器を選ぶ時、まず第一に注目すべき点は「性能」。
その脱毛器がどのような点で特化しているか、他の脱毛器に比べてどうなのか と言ったところに目を向けて選び始めます。

そして 次に気になるのは値段。「販売価格」ですね。
その脱毛器の性能に見合った価格で提供されているか・・  まあこれにはかなりの主観が入ってくるので、いくらからが高いのかという基準が個人によって違います。また、性能に見合った値段と言っても その性能が、ある人にとっては重要でも またある人にとっては それほど重要でない場合も・・

 なので「これは〇〇円だから高い!」とは、なかなか一概には 言えないのが現状ですが、やはり “ケノン” のように一つ特化した脱毛器が出てしまうと、どうしても他の脱毛器はそれと比較されてしまいがちになり、「ケノンでこれだけの機能で この値段だったら・・」と、基準自体が高くなって他の脱毛器は到底追いつけなくなって行きます。

せめて販売価格を下げて、ケノンよりもお手軽感を出すことで販売台数を稼ぐ しかなくなるわけです。

本体価格が安いからと 飛びついたら後で後悔.

「ケノンが欲しいけど 金額的に手が出ない・・」というので、ケノンほど優秀な機能はないにしても そこそこのレベルのワンランク下の脱毛器を購入したら、買った後で コストパフォーマンスの悪さに気づいた! なんてことはよくあることです。

フラッシュ式の脱毛器の場合、だいたいカートリッジ着脱式のタイプが多く、このカートリッジの寿命がコスパの良し悪しを左右します。
 買った後で、カートリッジの寿命があっという間にきて すぐに4,5千円の出費。
その後も使えば使うほど カートリッジ代ばかりかかっていき、「こんなことなら最初っからケノンにしておけばよかった」なんてことに。

ワンショットにおけるカートリッジのコストもしっかりとチェックしましょう。

チャージ時間の長さもコスパ的に影響.

ワンショット打った後、次のショットを打つまでのチャージ時間が異様に長い脱毛器がたまにあります。特に古い機種などにありがちなんですが、この待ち時間がバカにならない。
 たかが数秒の違いではありますが、されど数秒 です。照射するたびに数秒間待たされる となるとトータルにすると・・ 結構な時間のロスが出ます。そう言った面もコスパ的にはマイナス。

連射機能って意外と便利.

チャージ時間が気になるような脱毛器では、せめて連射機能を備えて欲しいと思います。
 この連射機能というのは大変便利で、出力を高くすればするほど 肌への負担を軽減しつつ、でも 脱毛効果はUPする という画期的な機能です。

連射機能も ほとんどのフラッシュ式で 連射回数に差がありますが、搭載されています(主に日本製)。