家庭用脱毛器でVIO脱毛!
〜おすすめ脱毛器〜

家庭用脱毛器でvioラインを処理することができるの?

「家庭用脱毛器でvioの処理はできるの?」というのは脱毛器の購入を検討している人にとっては非常に気になるところでしょう。

家庭用脱毛器でのアンダーヘアの脱毛は、基本的にはvラインは特に問題ありません。ですがiラインoラインに関しては、脱毛器によっては処理が厳しい場合があります。

ケノンなどのフラッシュ式脱毛器では、もともとvioの処理は推奨していません。が、その安全性から「自己責任」で使用する分には特に規制はされていません。

vioラインを脱毛サロンや医療脱毛クリニックでお手入れするのは、「どうしても恥ずかしい」「他人にみられるのはイヤ!」などの理由から、そのような公共な場所での脱毛に抵抗を感じる・・ 行きづらいと思っている人にとっては家庭用脱毛器での処理は願っても無いこと!

多少の痛みは我慢しても、誰に気兼ねすることなく自宅で好きな時間に自由に脱毛処理できるのは何者にも代えがたいメリットと言えるでしょう。

vioのお手入れはもはや常識!

アンダーヘアの分類は、ビキニラインのvライン・局部周辺のiライン、そして肛門周辺のoラインに部位分けされますが、この3つのパーツを脱毛する女子は年々増加傾向にあり、今では某有名タレント◯姉妹の影響からかパイパン(アンダーヘアをすべて無くすこと)にする人も多く見受けられます。

脱毛サロンやクリニックではこの3部位のみのキャンペーンをおこなったり、アンダーヘア専門の脱毛サロンが登場するなど、脱毛部位としては人気のパーツとなっています。

元々は、海外のセレブ達の間で流行していたこのハイジニーナ(ハイジーン;衛生的な というのが由来)脱毛は日本国内で徐々に浸透してきており、パイパンにしないまでも、もはやvioラインを整えるのは女性の身だしなみ・・ 言ってしまえば、常識とも言える現象となっています。

vioラインを家庭用脱毛器で処理することのメリット・デメリット

ではここでvioラインを処理することのメリット・デメリットについて触れておきましょう。アンダーヘアが少しでも減るとどのような効果があるのでしょうか?

〈メリット〉
◯ 生理時の不快感が軽減される!
脱毛する前は必要以上に毛があることで、経血の付着による衛生面の問題や匂いが気になっていたのが、毛量を調節する もしくは完全に無くすことで不快感がなく快適に生理期間を過ごせるようになります。

◯ 自身が付く!
綺麗に整えることでアンダーヘアを見られることへの恥ずかしさが払拭され、銭湯やプールなど 公共の場所で下半身を気にせずに堂々としていられます。

◯ いろんなデザインの水着やランジェリーが着れるようになる!
きちんと処理をしていると、水着や下着からのハミ毛を気にせず、付けるデザインも選ばずに着れます!また、ともすると彼氏の受けもいいかも!

◯ 綺麗になる!
脱毛して下半身を気にせず好きな洋服や下着を自由に選べるようになるとオシャレの幅も増えます!また脱毛前のように心配事が減るため精神状態にも余裕ができ、自律神経も安定することから肌への代謝が良くなり、自然と輝きが増すようになります!

◯ 自己処理の回数が激減する!
今までの毛抜きやカミソリでの処理で、埋没毛や色素沈着に悩まされ到底見せられるものではなかった部位が、脱毛器のフォトフラッシュ効果で徐々に黒ズミも改善され、脱毛と同時にツルツル肌をもGETすることができます。

メリットに関しては以上のように、主に衛生面での効果が大きいですが、それ以外でも男性に対するエチケットとしても十分にメリットがあるでしょう。

特に衛生面についてのメリットは大きく、毎日の排泄行為においてもアンダーヘアに付着する排泄物が減ることにより清潔に保つことができ、下着による蒸れもなくなることからニオイの軽減にも繋がり、雑菌による膀胱炎などのリスクが減ります。また下着による蒸れもなくなるため雑菌などの繁殖が抑えられます

〈デメリット〉
★ 痛みがある.
vioラインは体毛の中で最もデリケートな部分。脱毛器によってはかなりの痛みがともないます。特にiラインoラインの痛みはひとしおかと・・。その痛みに耐えて照射を続けるのは、ある意味マゾ的な行為ともいえます。(痛みについては個人差があります)

★ 処理の難しさ.
vioラインの脱毛を家庭用脱毛器で自分で処理する場合、vラインはまだしもiラインoラインともなると絶対に鏡が必要になります。慣れないうちは痛みも伴いますので、当然 誤照射や2度打ちなども考えられます。そのため特にi,oラインの脱毛器による自己処理は、より慎重に 注意を集中しておこなう必要が!

★ 毛量を調節する場合のvio脱毛は脱毛器への熟練とワザが必要.
アンダーヘアを全て無くす場合の処理は何も考えずにただひたすら照射あるのみ!ですが、「形を整えて毛量を調節する」となると自分の脱毛器を十分に扱い慣れていることが大切。また自分の毛質や どれくらいで効果が現れるかなども把握しておく必要があります。

「家庭用脱毛器を使わずに自宅で処理できる方法はある?」

脱毛器以外での自己処理方法としてもっともポピュラーな方法は、「カミソリで剃る」もしくは「毛抜きで抜く」といった方法があります。

また脱毛専用のワックスや除毛クリームという選択肢も。ですがこれらの方法は全て一時的な処理に過ぎず、数日後 あるいは数週間後にはフツーに元気な毛が再び生えてくることになります。

その度にまた処理を繰り返すことになるため面倒この上ない方法ともいえます。さらにこれらの処理方法にはいくつかのリスクも伴います。

「家庭用脱毛器を使わずにvioを自己処理することのリスク」

家庭用脱毛器を使わない場合の自己処理のリスクについて解説します。脱毛器を使わないで自己処理する場合、まず真っ先に思いつくのが・・

〈剃る〉
市販のカミソリでジョリジョリと。カミソリの使用は自己処理での場合の常套手段で、誰でも1度は経験があることでしょう。ですがこの方法では、最初の1回,2回だけならまだしも 常習すると「色素沈着」といって皮膚の摩擦による角質の増加から「黒ズミ」という問題が引き起こされます。

一旦黒ずみになった皮膚を元に戻すのは容易なことではありません。またvioという部位的にも凹凸が激しいパーツをカミソリで剃るという行為は、ヘタをすると皮膚を傷つけてしまい、そこから雑菌が侵入して性病などにかかるリスクが高くなります。またカミソリを使う時は、ほとんどの場合入浴時に使うことが多くなるということも、そのようなリスクを高める原因になるのです。

〈抜く〉
毛抜きなどを使って毛を1本1本抜く方法です。比較的丈夫な皮膚でさえ「抜く」行為は痛みを伴います。それがvioともなると半端ではありません。

また、剃る場合と同じく抜いた毛穴から雑菌の侵入があるひどい時には「毛嚢炎」を引き起こしたり「埋没毛」になったりといった、回復するのにはかなりの期間が必要となる症状に陥るハメに・・。

さらに、強制的に毛を抜くということから皮膚への負担は大きく 、抜いた後にはブツブツと赤い丘疹を発生させる場合もあります。そもそも毛抜きでの処理は「毛を1本1本抜く」という気の遠くなるような作業で、時間にかなり余裕がないとできない行為です。

vioラインに使えない脱毛器ってあるの?

冒頭でも少し触れましたが、vioラインへの脱毛器の使用は本格的な家庭用脱毛器メーカー(ケノンやトリアなど)では推奨されていません。ですがvラインに関しては、鏡を使うこともなく自分で処理しやすいしフラッシュ光を当てても特に問題はないので、家庭用脱毛器を購入した人はほとんど処理していると思います。

問題はiラインとoライン。この部分は凹凸が激しいのでできるだけ小回りの効くヘッドの小さめの脱毛器でないと難しいでしょう。鏡を必要とする部分ですので、誤照射や2度打ちのリスクも高くなります。

もし自分でトライしてみて難しいようであれば無理をせず、少し時間をおいてもう少し脱毛器に慣れるのを待つか、思い切って脱毛サロンやクリニックに足を運ぶか、の決断を!

i,oラインは、あくまでも自己責任になるので無理は禁物です!
では実際にvio脱毛に最適なオススメの脱毛器を4点ご紹介します。

vio脱毛にオススメの脱毛器はどれ?vio脱毛に最適な脱毛器4選!

《ケノン》

ケノンの最大の特徴は、何と言ってもカートリッジの多さ!カートリッジの種類の豊富さにおいては業界最大を誇っています。

標準装備で身体中のあらゆるパーツに使用可能な「ラージカートリッジ」、業界最大の面積を誇り背中や太ももなどの広範囲なパーツに抜群の威力を発揮する「エキストララージカートリッジ」、そして 元々は男性のヒゲ用に開発されたものですが今や剛毛ならどこでもOK!名前を変えて再登場「ストロングカートリッジ」、さらにフォトフェイシャルの様相を呈した「美顔カートリッジ」という合計4種類ものカートリッジを揃えています。

ヘッドの先端をお好みのカートリッジに付け替えるだけという簡単仕様なのでvioのお手入れでも大活躍すること間違いなしです!

何かと痛みや効果が懸念されるi.oラインの照射に関しても、照射出力が10段階方式なので最初は低いレベルから照射していって徐々にアップすることができるので安心。

慣れてきたら効果の高い最高レベル10での照射で、より脱毛効果を実感することができるでしょう。
カートリッジは、初めは標準のラージカートリッジで慣れてきたらストロングカートリッジへ切り替えての使用がオススメです!

《ツーピーエス》

家庭用脱毛器「ツーピーエス」はケノンと同じフラッシュ式の脱毛器で、脱毛サロンで使われている光脱毛の部類に属します。販売元は株式会社TUF。家電量販店などでの販売はされておらず、インターネットのみの販売となっています。

ケノン同様カートリッジ交換タイプで、1個のカートリッジの寿命は13万2千回!オートショット機能搭載で、手動でボタンを押すのではなく肌に当てることで毛根をキャッチし、自動で光を照射します。

プローブ(ハンドピース)の形状が特殊で、グリップ式では照射しにくい部位にも使いやすく、利き手以外でも持ちやすい形に工夫されています。

カートリッジは脱毛用と美顔用の2種類で、最大照射範囲は6.51㎠。照射範囲は他のフラッシュ式脱毛器と比較すると、そこまでの広さはありませんがオートショット機能を使えばこの程度の照射範囲でも十分にスピード脱毛が可能です。

vio脱毛時も痛みを抑えられるように8段階のレベル調節機能もしっかりと備えられています。

《ラヴィ》

こちらもフラッシュ式脱毛器でケノンやツーピーエスと人気を分かち合っている脱毛器です。
近年リニューアルしてさらなる進化を果たした新型ラヴィ。丸く可愛らしいフォルムになって再登場しています。

ラヴィの新モデルではカートリッジの照射面積が1.3倍に拡大!!口径7.4㎠という広さになりました。業界最大を誇るケノンのエクストララージカートリッジにはかないませんが、それでも業界第2位という広さです。

そして脱毛用カートリッジの種類も標準カートリッジに加えて、その3分の1の大きさのスリムカートリッジの2種類に増え美顔カートリッジと合わせると3種類になりました。

スリムカートリッジが加わったことでvioの脱毛が断然やりやすくなり、vioだけでなく細かい部分の処理がより便利に!

vio脱毛の痛みを軽減するための措置としては、比較的弱めの照射出力での5連射機能で解決できます。また出力調整も7段階の調整が可能なため、自分の痛みにあった出力での照射ができます。

ケノンとの比較で有利な点は、何と言っても価格!カートリッジ3種類をすべてフル装備で購入するとしても、ケノンの価格のおよそ3分の2程度です。

ケノンほど高性能でなくてもいいからそこそこの脱毛効果が望める脱毛器を探している人にはラヴィはモッテコイの商品ではないでしょうか。

《トリア》

トリアは今回vio脱毛にオススメする脱毛器として加えるべきかどうか悩んだ脱毛器です。というのは、ここで紹介している脱毛器の中で唯一レーザー式の脱毛器であるという点で、vio脱毛で使用するにはあまりにもリスクが大きくなるのでは?と思ったからです。

しかも4Xの場合本体の形状からしてもvラインはともかくI,oラインに関しては、よほど使い慣れた人でなければ的確に照射するのは不可能です。ですがあえてここで紹介するのは、「vラインでは問題なく使える」という、この1点があったからです。
 出力調整も5段階で、装備も完備していて痛みに応じて出力の調整ができ痛みにも対処しています。さらにvラインの凹凸にも対応できるピンポイント照射!

レーザー脱毛器であるというだけでvio脱毛に向いていないということはないでしょう。むしろ剛毛で厄介なバーツであるvラインの毛にこそ!メラニン色素に反応しやすいレーザー脱毛器が向いているのではないでしょうか。

i,oラインの処理には4Xよりもプレシジョンをお勧めします!
もちろんi,oラインでも使えなくはないので、するのであれば完全に自己責任での処理ということになります。