トリアの脱毛効果ってどうなの?

あの大人気カリスマ光脱毛機「ケノン」と人気を二分すると言っても過言ではない、レーザー脱毛器の代表「トリア4X」。
ケノンとの違いは “光脱毛” か “レーザー脱毛” かという根本的な脱毛方法にあります。

光(フラッシュ)脱毛とレーザー脱毛の違いについては別ページでも詳しく記載していますのでここではあえて触れませんが、脱毛サロンとクリニックの違いを見れば一目瞭然で、フラッシュ式とレーザー式の脱毛効果は歴然たるものがあります。

サロンとクリニックの効果の違いはわかるけど脱毛器の違いは?

確かに、脱毛サロンと医療脱毛クリニックの違いは明らかにわかるけど、こと脱毛器となると違うのでは?という疑問が生まれます。実際のところ、冒頭のランキングページでも書いた通り、トリアの最高出力は医療レーザー脱毛の最高出力のわずか3分の1。

そんな出力で本当にケノン以上に脱毛効果が望めるのでしょうか・・ その辺のところをちょっと掘り下げてみたいと思います。

トリアで脱毛した時の脱毛効果を実感できるまでの照射回数 -臨床実験参照-

実際にトリアで脱毛した場合、効果はどれくらいで実感できるのか・・と言ったトコロは、トリア購入を検討している人にとって、実に興味深い問題です。

ちなみに、医療クリニックなどでレーザー脱毛を契約した場合、施術が完了する回数は だいたい5回〜6回程度です。回数はその病院によっても違うし、個人個人でも効果の出方は違うので明言はできませんが、ほとんどの人が1部位にかかる回数としては、6回位が医療脱毛では最高回数かと思います。

では、医療レーザー脱毛よりも出力設定が抑えられ、家庭用に安全設計されたトリア4Xでの脱毛ではどうなのでしょうか。
トリアでの実際の臨床実験によるデータがありますので、そちらから効果を検証してみたいと思います。

【トリア4Xによる臨床実験】
〈実験内容〉
総勢79名の被験者が「6週間で計3回の照射」で、照射した部分の毛の本数を、使用前と使用後1・2・3・12が月間隔でカウントします。トリアでの照射は、あくまでも3回のみ!としています。

〈実験結果〉
○ 1回目の照射から3週間後・・61%減少.
○ 2回目の照射から3週間後・・70%減少.
○ 3回目の照射から1ヶ月後・・60%減少.
○ 3回目の照射から12ヶ月後・・33%減少.        という結果になっています。

2回目の照射が一番効果が高いのが確認でき、照射後3週間後には70%という数字。たった1回だけの照射でも60%という脱毛率!医療レーザーよりも出力が低いとは言っても、やはり そこはダイオードレーザーというれっきとしたレーザー光線です。
しっかりと仕事してます!

12ヶ月後の33%というのは、照射以降に生えてきた毛を含めた数字 ということから、3回だけの照射で処理を辞めても、1年経った時点で以前よりも毛の本数は30%以上も減っているということです。

ということは、定期的に使い続けると「もっと効果は実感できる」ということが考えられます。

トリアでの脱毛効果は持続することができるのか?!

前項の実験データからもわかるように、「トリアでの脱毛は定期的な使用で効果を実感できるもの」であることが理解いただけたと思います(個人差あり)。

それをさらに裏付けるものとして、トリアの使用説明書からの引用ですが、

《警告》
将来、再び発毛を希望する箇所には、トリア・レーザ ー4Xを使用しないでください。脱毛効果は永続的で元に戻せない場合があります。

という警告の文言があります。

このように トリアでの脱毛は、医療レーザー脱毛と同じく、一旦毛が抜けてしまうと ほぼ永久的に生えない状態が続く可能性があるという、いわば「家庭用永久脱毛器」とも言えるほどの効果が期待できるのです。

トリアでの脱毛効果を持続し,カツ永久的なものにするには・・

ケノンや他の脱毛器と同じように、トリアでの脱毛も「継続して使う」ということが一番大事な条件で、トリア公式サイトからの推奨使用頻度は、「2週間に1回」とされています。

ですが 自分は人よりも剛毛だと思う人、もしくは剛毛な部位(ひげ・脇毛・vioなど)は「1週間に1回」にするなど照射ペースを縮めても特に問題はないようです。

脱毛の効果が実感できるようになったら、その後は 毛の様子を見ながら1ヶ月に1回、2ヶ月に1回 など、自分のペースで照射を続けていけば毛穴も残ることのないツルッツルの素肌での脱毛に仕上がる可能性は十分にあります。